お墓参りでは振り向かないで帰るべき?振り返ってしまった時の対処法

お墓参りで供えられたきれいな墓花 スピリチュアル
本サイトにはプロモーションが含まれています。

お盆やお彼岸といえば、お墓参り。

 

「振り向かないように帰りなさい」

そう忠告された経験はありませんか?

 

振り向くとどうなってしまうのか、不安になる人も多いでしょう。

実際には、振り向かないで帰らないと必ず何かが起こってしまうという、科学的根拠はありません。

それでも、現代まで伝えられてきた理由があるんです。

 

そこで今回は

  • お墓参りでは後ろを振り向かない方がいい?
  • 振り返ってしまった場合の対処法
  • お墓参りのタブー

以上について解説します。

 

 

お墓参り後は振り向かないで帰るべき?

森に向かって歩く1人の女性がこちらを振り向いている

「お墓参り後は振り向かない」

冒頭でもお伝えしたように、科学的な根拠はありません。

それでも、昔から言い伝えられてきた話だけに、根強く信じている人もいるのです。

なぜそのような噂があるのでしょう?

 

死者の霊が後ろからついてくる

死者の霊は後ろからついてくると、昔から信じられていました。

そのため、振り返ると家まで霊がついて来てしまうと考えられているんです。

 

お墓を振り返ることで、霊はあなたと離れがたくなってしまうのでしょう。

あなたに、霊と目が合っている認識がなくても、振り返った時に偶然、目が合っていたかも知れませんからね。

この世との繋がりを感じてしまい、振り返ってくれたあなたについていってしまうと考えられます。

 

私としては、家族や友人の霊ならついてきても問題ないですが、まったく関係のない霊が家までついてくるのは、遠慮してもらいたいものですね。

 

あの世とこの世の境界線が薄くなる

お墓は、現世とあの世の境界線であると考えられています。

その事から、

  • あの世の景色が見えてしまう
  • あの世に引きずり込まれてしまう

という迷信が伝わってきたのです。

 

そうは言っても、お寺の敷地内にあるお墓は、基本的に供養されています。

しっかり供養されている霊が悪さをして、引きずり込んでしまう危険性は低いのでは…。

 

気をつけて欲しいのは、あの世との境界線になっている場所は他にもある事。

 

「振り返ってはいけない」と言われている心霊スポットが良い例でしょう。

供養もされていない心霊スポットなどで、振り返らないよう注意喚起がある場合は注意が必要です。

見えてしまったり、引きずり込まれてしまう危険性は高いと考えられるでしょう。

 

どんなに悪い事をしても、因果応報を受けない人には特徴が!

 

【振り向かない】は【振り返らない】から来ている

【振り向かないように】と言われるようになったのは、【振り返らない】が元になっているようです。

 

「同じ意味じゃん!」

と思うかも知れませんが、これは、マイナスの感情を持って故人を振り返らないという事。

故人が安心して成仏するためには、残された人が悲しみを乗り越え、前に進んでいく事が大切です。

 

マイナスな感情に支配されて悲しみを乗り越えられず、その感情のまま故人を振り返るのは、故人にとって、とても辛い事だと思うのです。

 

【マイナスの感情を持って故人を振り返らない】との教えから、【お墓参りでは振り向かないように】と変化していったと考えられます。

 

また、お墓参りだけでなく、神社参拝でも帰りは注意が必要です。

神社参拝後に寄り道するのはダメな理由についてはこちら。

 

 

お墓参りに振り返ってしまった場合の対処法

夕日に照らされた海のそばに座り、考え込む男性

実際に振り向いてしまっても、必ず悪いことが起こるわけではないので、心配しないで下さい。

しかし、昔から言い伝えられてきた迷信である事から、不安を感じる人もいるでしょう。

 

ここからは、振り返ってしまった場合の対処法について紹介します。

 

慌てずに落ち着いて行動する

もし、お墓参りの帰りに振り返ってしまっても、慌てる必要はありません。

 

まず、落ち着いて深呼吸をして、気持ちを落ち着かせましょう。

ここで焦ってしまっては、予想外のケガや事故に遭ってしまうかも知れませんからね。

 

心の中で故人の霊に謝罪する

迷信を信じているのであれば、

「うっかり振り返ってしまって、ごめんなさい」

と、心の中で故人の霊に謝罪しましょう。

 

また、

「ついてきても、私は何もしてあげられないです」

など、ついてくるかもしれない霊に対して、きっぱりと断る事も効果的です。

 

必要な場合はお祓いを受ける

どうしても不安な場合は、神社やお寺でのお祓いを受けるのも1つの方法です。

 

帰宅中や帰宅後、明らかにおかしいと感じた場合は、お祓いをおすすめします。

特に異常がない場合でも、気持ちの面で違和感を感じたなら、不安を解消する意味でもお祓いは効果的です。

状況に応じて検討してみてください。

 

霊に対し毅然とした態度で接する

これに関しては、私が実際にしている方法ですが、自宅には、時々迷い込んできちゃうんです。

おそらく、庭からお寺が見えるので、フラッと立ち寄るのかも知れませんね。

 

元々住み着いている霊はいますが、共同生活してるため、あまり気にならないのが本音。

しかし、迷い込んできた霊は明らかに空気が違っているんです。

ジト~ッと、重い空気をまとう訪問者が、ずっと居座ることはありません。

 

怖がらずに

「ここにいたところで、あなたを助けることは出来ないし、家族に何か悪さをするなら絶対に許さない」

と強い気持ちを持って、毅然とした態度で過ごしているうちに、いつの間にか居なくなっています。

【霊だから怖い】

ではなく、元は生きていた人間として毅然とした態度で接することが、わりと効果的だと感じています。

 

 

お墓参りにおけるタブーの真相!

お墓に供えられたお花へ水を上げる年配の女性

故人に敬意を表し、感謝の気持ちを伝えるのがお墓参りですが、様々なタブーも囁かれているんです。

それでは、他のタブーの真相についてお伝えします。

 

転んじゃダメ?

「寿命が短くなってしまうから、お墓では転んじゃダメ」

小さい頃、親から言われたことがありますが、同じような経験がある人も多いのでは?

 

これは、振り向かない事と同じく、転んでしまうと霊に引きずり込まれてしまうからという理由です。

ただ、こちらも科学的な根拠はありません。

 

実際、私は小さい頃、何度もお墓で転んでいましたが、40歳まで元気(?)に過ごしています。

 

実はこの迷信は、転んで墓石でケガをしたり、最悪、墓石を倒してしまう危険性があるため、注意喚起の意味があるんですよ。

子供って何をするか分からないですからね…。ほんとに…。

 

写真を撮ってはダメ?

お墓で写真を撮るのは、故人の霊を映してしまう可能性があります。

肉眼で見えなくても、レンズを通すと見えてしまう場合も…。

 

「思わぬ心霊写真が撮れてしまい、恐怖からお墓参りに行けなくなってしまった…」

なんてことになりかねません。

 

そもそも、お墓参りは、故人を偲び想うもの。

お墓で写真を撮る行為は、故人に対し失礼なのではないでしょうか。

 

夕方に行っちゃダメ?

夕方のお墓参りは、太陽が沈み、陰のエネルギーが強くなる事から、避けた方が良いと言われています。

神社も同じですよね。

 

【逢魔が時】と言われるように、夕方は死者の世界との境界線が薄くなるとも考えら、霊障を受けやすくなるようです。

 

実際、真っ暗な夜のお墓より、日が沈みかけた時間帯のお墓の方が、私は怖いと感じています。

その空間に吸い込まれるような感覚というのでしょうか?

ピンと張りつめた空気に、何度も引き返したことがあります。

 

それでも、私の実家の地域のお盆では、お墓参りは夕方。

ただ、なぜか、お盆中の夕方のお墓は怖くないんですよね。

不思議です。

 

お墓参りで振り向かない!まとめ

森の中を1人で歩き、笑顔でこちらを振り向く女性

いかがでしたか?

お墓参り後は、振り向かないで帰らないと、霊についてこられたり、あの世に引きずれこまれたりしてしまうという噂があります。

ただ、科学的な根拠はありません。

 

それでも、お墓参りの帰りに振り向いてしまって、不安に感じた時は、今回紹介した対処法を試すのも効果的かも知れません。

不安な気持ちは、悪い事を引き寄せてしまいます。

できる限りの不安は解消するようにしましょう。

また、お墓は供養されているので、危険性は低いかも知れませんが、「振り向かないように」と警告がある場所は、霊障が起きる可能性もあります。

十分に注意するようにして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました