厄年の旦那との離婚は縁起悪い?後悔しないために注意すべきこと!

夕焼けが見える場所で、お互い腕組みをして背を向け合う男女 スピリチュアル
本サイトにはプロモーションが含まれています。

【厄年に、離婚は縁起悪いから避けた方が良い】

そんな噂を耳にするけれど、厄年本人の話ですよね…。

聞きたいのはこっち。

「旦那は厄年だけど、私が厄年じゃない場合の離婚はどうなの?」

 

そこで今回は、

  • 厄年の旦那との離婚は縁起悪い?
  • 厄年の旦那との離婚を後悔しないための注意点

以上について解説していきます。

迷信に惑わされず、後悔のない選択をするために、ぜひ最後までご覧ください。

 

厄年の旦那との離婚は縁起悪い?

離婚の手続きのため、結婚指輪を外し話し合う夫婦

古くから、厄年は災厄に見舞われやすい時期と考えられてきました。

そのため、【人生において重大な決断は避けるべき】という考えも生まれました。

 

結婚だけでなく、離婚も、人生において重大な決断です。

妻であるあなたは厄年ではないけれど、旦那が厄年だった場合も、縁起が悪いため、離婚は避けた方が良いのでしょうか?

 

厄年の離婚は縁起が悪いわけではない

スピリチュアルな考え方では、厄年は人生の転換期であり、悪いものを断ち切って新たな人生を始めるチャンスと捉える事もあります。

離婚もまた、人生の大きな転換期であり、新たな人生を始めるためのきっかけになる可能性があります。

そのため、厄年の離婚は、縁起が悪いわけではないのです。

特に、厄年本人である旦那からすると、人生をリセットするのには最適な時期であると考えられます。

 

また、厄年の災厄は、家族にも影響があると言われています。

厄年の旦那と離婚する事で、妻であるあなたが、少なからず影響を受けていた厄を断ち切ることが出来るかも知れません。

 

 

厄年と離婚の明確な関係性はない

男性の厄年は、数え年で25歳・42歳・61歳です。

厚生労働省のデータによると、男女ともに離婚率は30代後半から40代前半にかけてピークを迎えます。

これは厄年の時期と重なるため、厄年と離婚率の関係を疑う方もいるでしょう。

 

しかし、これは

  • 男性:キャリア形成・ライフスタイルの変化
  • 女性:社会進出

など、厄年以外の要因も影響していると考えられますね。

 

このように、厄年と離婚は迷信であり、科学的な根拠はありません。

それでも、厄年中の離婚は、精神的な負担やストレスが大きいため、慎重に検討する必要があるでしょう。

 

厄年の旦那との離婚で後悔しないために注意すべき事

ソファーに座り、頭を抱えて後悔している女性

厄年特有の精神的な負担やストレスが夫婦関係に影響を与え、離婚に繋がるケースも考えられます。

厄年の不安やストレスを抱えている場合は、正しい判断ができない事もあるでしょう。

勢いで離婚してしまい、後悔しないよう、以下について注意してください。

 

夫婦でよく話し合う

離婚は、夫婦二人にとって重大な決断です。

感情的にではなく、冷静に話し合いを重ねて、後悔のない選択をすることが大切です。

  • 離婚する理由
  • 離婚後の生活
  • 子供のこと

これらを、夫婦でよく話し合い、お互いの意思を確認することが大切です。

子供がいる場合は、子供の将来のことを考え、親権や養育費、面会交流などについて話し合いましょう。

 

経済的な準備をする

離婚によって、収入や生活水準が大きく変化する可能性があります。

特に、専業主婦の方の場合、経済的な不安は大きな負担となります。

離婚後の生活を安定させるために、経済的な準備をしておきましょう。

 

1人で抱え込まず周囲に相談する

離婚は、精神的な負担が大きい出来事です。

周囲からの偏見や周囲の反応を気にしすぎるあまり、孤独感を感じたり、精神的に追い詰められたりする事もあります。

ですが、一人で抱え込む必要はありません。<

  • 家族
  • 友人
  • 専門家

など、周囲の人に相談する事で、気持ちが楽になる場合もあります。

離婚後も、自分1人では難しいケースも考えられますので、信頼できる人への相談はすべきでしょう。

 

健康を意識する

精神的負担の大きい離婚では、特に健康を意識していく必要があります。

精神を安定させるためには、何より健康が第一!

  • 十分な睡眠
  • 栄養バランスの良い食事
  • 適度な運動

これらを心がけ、健康を維持することが大切です。

本当に、メンタルが削られます。

いつも以上に健康に気をつけていくようにしましょう。

離婚を前向きに捉える

何より、離婚を【人生をリセットして、運命を良い方向に変えるためのもの】と、前向きに考える事が大切だと感じています。

 

ちなみに私が離婚したのは、元旦那が最初の厄年のとき。

知らない土地での慣れない子育てに加えパート勤務、元旦那は仕事と趣味を一番に考える人でした。

すれ違いが重なり、結果的に離婚しましたが、「旦那が厄年だから良くなかった」といった事はありませんでしたね。

 

周りの助けを借りながら、何年もかけて、私の人生はリセットしていきました。

離婚を後悔した事はないですし、離婚することで人生が良い方向に進むよう努力した結果、今があると感じています。

 

もちろん、楽なものではなく、どん底も経験しました。

離婚を前向きに捉えるだけでも、運気は向上していくのではないでしょうか。

 

厄年の旦那と離婚!まとめ

1つのハート型の紙を2人で破る夫婦

いかがでしたか?

  • 厄年の旦那との離婚は縁起悪い?
  • 後悔しないために注意すべき事!

について解説しました。

厄年の旦那との離婚は、縁起が悪いわけではありません。

むしろ、厄年の旦那の影響で、あなたも受けている厄を断ち切る、良いきっかけかも知れません。

ただ、厄年に降りかかる厄災の影響で、夫婦関係が悪化しているとも考えられます。

まずは冷静になり、後悔のない決断をするようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました