大学生の息子の帰省で疲れる理由とは?ストレスにならない為の対処法!

洗濯物を畳むのに疲れてしまい、テーブルに倒れ込んで寝ている女性 生活
本サイトにはプロモーションが含まれています。

大学に通う為、1人で暮らし始めた息子。

最初は心配で、心にぽっかり穴があいているお母さんも多いと思います。

 

けれど、久しぶりに帰ってきた時、嬉しい反面、何だか疲れるって経験ありませんか?

 

「息子が帰ってきてくれたのに疲れるなんて、お母さん失格?」

なんて思わないでくださいね!

あなただけじゃないんです。

 

そこで今回は

  • 大学生の息子が帰省すると疲れる理由は?
  • ストレスにならない為の対処法!

という内容でお伝えします。

ぜひ最後までご覧ください。

 

大学生の息子の帰省で疲れる理由

Tired-mother-folding-laundry

大学生になった息子。

数か月ぶりの帰省に対し、

「最初の頃は楽しみだったのに、今では疲れてしまう…。」

「こんな風に思うのは、私だけなんじゃ?母親失格かも…」

と、1人で悩む必要はありません。

 

息子の帰省を、素直に喜べなくなってしまったお母さんは、他にもたくさん。

 

疲れる人は意外と多い!

 

疲れてしまうのが自分だけじゃないと知って、少しホッとしませんか?

あなただけではないんです。

 

 

疲れる理由は4つ

どうして大学生になった息子が帰省しただけで、疲れてしまうんでしょう?

考えられる理由は主に4つです。

 

自分の時間が減ってしまう

原因のひとつに、自分の時間が減ってしまう事があげられます。

 

独り立ちしたことで、自分の時間が増えた人は多いはず。

 

最初は寂しく思ったとしても、必ず慣れます。

そして、息子に費やしていた時間は、自分のためのものになったのでは?

 

けれど、帰省に伴って、やる事が増え、

  • 好きなドラマを見る
  • ゆっくり趣味に没頭する

などといった、自分の時間が減ってしまうなんて事も。

 

自分の時間が減ってしまった事が、疲れる原因に繋がります。

 

息子の世話が増える

お世話する人が増える事で、疲れてしまうケースもあるでしょう。

 

1人で生活しているんです。

身の回りの事は、息子だって出来るはず。

 

しかし、なぜか帰省すると、

「家事洗濯はやってくれるでしょ?」

と言わんばかりに何もせず。

 

帰省した息子の分、食事・洗濯・掃除が増えてしまいます

 

「あれ食べたい、これ食べたい…」

と、普段以上に手を抜けない、リクエストメニューのオンパレード。

 

帰るころには、心身ともに疲れ果ててしまいます。

 

金銭的な問題

さらに、金銭的な問題により疲れてしまう事もあると考えられます。

 

家族で買い物へ出かける事もあるでしょう。

「あれが欲しい、これが欲しい」

そう言われたら、1人暮らしで頑張っているし…と、ついつい買ってあげたくなるのが親ってもの。

 

しかし、大学費用や家賃光熱費などの負担もある中で、さらに出費が増えるのはかなりキツイです。

予想外な出費などの金銭的な問題により、精神的に疲れてしまう原因になると思われます。

 

自由に行動する息子に振り回される

自由に、悪いく言えば自分勝手に行動する息子に、振り回されて疲れる事も考えられます。

 

現在、息子の生活習慣や価値観は、実家で生活していた頃と比べて変化しているはず。

これまでは実家の一員として実家のルールやペースに合わせて生活していたと思います。

 

しかし、1人暮らしを始めてからは、誰にも指示されず、自分の好きな時間に好きな事をするのが日常になったんです。

 

  • 好きな時間に起きて、食べたい時間に食べる。
  • 友達と出かけて遅くなるときに連絡しない。

 

1人暮らしなら誰にも文句言われないですからね。

そして、帰省してもその生活リズムは変わりません。

つまり、実家の生活リズムと、大学生の息子の生活リズムにすれ違いが生じているんです。

その結果、息子に振り回されて疲れてしまうと考えられます。

 

帰省中の相手からの返信が遅くて不安な時は、どうしたらいいの…?

 

しかし、帰省した息子のせいで、ストレスになるのは出来れば避けたいものです。

 

大学生の息子の帰省!ストレスにならない為の対処法!

A-young-son-who-is-attentive-to-his-worried-mother

久しぶりに帰省した息子とは、せっかくならゆっくり家族の時間を過ごしたいですよね。

 

大学生の息子の帰省により、ストレスで疲れない為の対処法を紹介します。

 

帰省のルールを決めておく

まず、息子が帰省する時のルールを決めておきましょう。

息子自身がやるべき事と、親がやってあげられる事を明確化する事で、ストレスは少なくなるはずです。

 

例えば、
  • 洗濯と部屋の掃除は自分でやる
  • 食事は夜ご飯のみ準備してあげるので、朝ご飯と昼ご飯は自分で用意する
  • 友人と出かけるときは、だいたいの帰宅時間の連絡を必ず入れる
  • 買い物は自分のバイト代から支払う
  • 母親を敬う

 

以上のようなルールを決めてみるのはいかがでしょうか?

 

しかし、あまりガチガチのルールで縛ってしまうと、帰ってこなくなる可能性もありますので、最低限のルールで十分でしょう。
なんでもかんでも息子の世話をするのではなく、自分の時間も確保するのがベストです。

 

時間を共有する

帰省している間だけでも、親子の時間を共有できると良いですよね。

夜ご飯はかならず一緒に食べる事はもちろん、買い物や近場の温泉に行くのもおすすめです。

 

お母さんにとって、大学生活やアルバイト生活など、聞きたい事はいっぱい。

一緒に過ごす事で、あまりしゃべらない息子でも話してくれるかも知れません。

 

親子で時間を共有し、現在の息子を理解することで、ストレスが減る事もあるでしょう。

 

 

そんな私も、先日まで息子が帰省していました。

返ってくる前から、布団を用意したり、ストーブや部屋の電気をチェックしたり。

帰って来てからは、出来るだけ好きなものを作って食べさせてあげたいからと、夕飯も手抜きできず…。

 

けれど、ほどよい距離感は保っていられたので、自分の時間が減ることもなかったです。

家のルールは変えず、息子がこっちに合わせてくれた事で、思ったほど疲れはありませんでしたよ。

 

大学生の息子が帰省すると疲れる!まとめ

I-am-enjoying-family-time-together-for-the-first-time-in-a-long-while-when-my-son-returns-home

いかがでしたか?

 

大学生の息子の帰省で疲れる人は、あなただけではありません。

自分のペースも崩さず、あまり構いすぎない事が大切。

お互いの生活リズムを尊重しつつ、一緒の時間はゆっくり過ごしてみてください。

 

大学生の息子の帰省で疲れるお母さんが、少しでも楽になったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました