出雲大社にカップルで行くと別れる?ジンクスの真相は女神の嫉妬?

赤いハート型の紙を両手で引き裂いている スピリチュアル
本サイトにはプロモーションが含まれています。

「大好きな恋人と、これからもずっと一緒にいたい」

だからこそ、縁結びで有名な出雲大社に参拝して、2人の縁を結んでもらおうと考えている人もいるでしょう。

しかし、聞こえてくる、

【出雲大社にカップルで行くと別れる】

物騒な噂…。

 

縁結びなのに別れるなんて、矛盾している気がしますが、本当なんでしょうか?

 

そこで今回は

  • 出雲大社にカップルで行くと別れる?
  • ジンクスの真相は?

という内容につて解説していきます。

どうぞ最後までご覧ください。

 

出雲大社にカップルで行くと別れるって本当?

縁結びとして有名な出雲大社。

しかし、縁結び神社なのにもかかわらず、【カップルで行くと別れる】なんて噂を耳にした事ありませんか?

実際に、別れてしまった人は、案外たくさんいるんです。

 

別れてしまった人

 

中には、長年付き合っていたカップルもいます。

ここまで経験者がいると、出雲大社にカップルで行くのはリスクが高い気がしませんか?

 

未練が残ってるなら…忘れられない人を縁切り神社で断ち切る方法!

 

必ず別れるわけではない

紹介した通り、出雲大社へ参拝した直後に、別れてしまった経験のある人は多いんです。

 

しかし、必ずしも、すべてのカップルが別れてしまうわけではありません。

参拝後も変わらずお付き合いを続け、そのまま結婚したカップルも、たくさんいらっしゃいます。

 

その為、カップルで行くと別れる出雲大社の噂は、迷信であると言えるでしょう。

 

噂が広まったのはネガティブな印象のせい

噂が広まったのは、

  • 縁結びの神様なのに、恋人との縁を結んでくれなかった
  • 縁結びの神社なのに別れた
  • ご利益がなかった

というネガティブな情報が、印象に残りやすかったからではないでしょうか。

 

また、1組のカップルが付き合い続け、結婚までに至る確率は、別れる確率よりもずっと低いんです。

「出雲大社に彼氏とデートしたけど、ずっと続いてる~!」

なんて、SNSでわざわざ投稿する人もいないですよね。

どちらかというと、

「出雲大社に恋人と行ったら別れた~」

というネガティブな話題の方が、注目されやすいのではないでしょうか。

 

有名な神社ですので、参拝する人も多いです。

情報も多く、広く出回るでしょう。

 

以上の事から、噂が広まったと考えられます。

 

 

出雲大社のジンクスの真相は女神の嫉妬?

デート中、彼氏が別の女性に目を奪われている

「別れる可能性があるなら、恋人と一緒に参拝するのはやめておこうかな…」

不安になる気持ちは良く分かります。

縁結びの神様が祀られているはずの出雲大社。

なぜカップルで参拝すると別れてしまうのか、そのジンクスの真相について解説していきます。

 

大国主命(オオクニヌシ)の正妻・スセリビメによる嫉妬

大国主命(オオクニヌシ)の正妻はスセリビメですが、全国各地に妻がいました。

スサノオノミコトの娘であるスセリビメは、非常に嫉妬深い女神だったようです。

その為、出雲大社に祀られているオオクニヌシに会いに来る女性に対し、嫉妬して別れさせているのではないか?と言われています。

 

他にも、よく聞くのは、七福神の女神である弁天様も嫉妬深く、参拝したカップルを別れさせるという話。

 

しかし、よく考えてみて下さい。

神様が人間のカップルごときに嫉妬すると思いますか?

だって、私が神様なら、微笑ましく眺めてます(笑)

 

スセリビメによる嫉妬というのは考えにくいでしょう。

 

悪縁を断ち切った

出雲大社の縁結びのご利益は、【悪縁を切り、良縁を結ぶ】です。

一緒に行った恋人が良い縁であれば、しっかりと結び付けてくれるでしょう。

 

しかし、一緒に行った相手が、あなたにとって悪い縁であれば断ち切ります。

つまり、参拝後に別れたという事は、あなたにとって最良の相手ではなかったという事の証なんです。

悪縁を断ち切って、その先の良縁を結んだ結果、参拝後に別れてしまうわけなんです。

 

 

出雲大社にカップルで行くと別れる?まとめ

薄雲のかかる青空の下、寄り添う恋人同士

出雲大社にカップルで参拝したからと言って、必ず別れるとは限りません。

 

しかし、相手があなたにとって最良でなければ、別れてしまう事も。

先の未来は、神様にしか分かりません。

今、隣にいる恋人と、これからの人生を共に歩めるのかどうか、出雲大社に行って試してみるのも良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました